ナノ金の特徴として一酸化炭素(CO)が、触媒し空気中で二酸化炭素(CO2)にすることができます。ナノ金の触媒によって人体への無毒化する事が出来ます。

一酸化炭素とは、炭素質の材料が燃焼する際、酸素が不十分な環境で不完全燃焼を起こすと発生する気体であり、無色無臭で濃度35ppmを超えると人体に有害なものとなります。

ヘモグロビンとの親和性が非常に高く吸収力がとても強いため血液中への酸素供給ができなくなります。

効率:

ナノ金粒子に付着させた多孔質酸化セリウムは80度以下で触媒した一酸化炭素(CO)の量は、触媒活性率7.0×10-3mmol gcat-1 s1で、35ppmの濃度を計算すると1gの材料あたり1秒間に5lm、

毎秒5lmの空気をフィルタリングでき浄化し無害化することができると試験結果として出ています。

多孔質酸化セリウムは、二酸化炭素(CO2)を吸収する力が非常に高くナノ金に付着させることにより、その効果がより高くなることが実証されています。

ナノ金粒子と多孔質酸化セリウムを合わせる事により、酸化反応を活性化を加速させ効能期間も長期にわたり維持できます。

ナノ金粒子の優れたところは、吸収力がない素材に対しても、空気に触れることにより、一酸化炭素を(CO)を酸化させ二酸化炭素(CO2)に変換する機能を持っています。

水にも大事な役割があり、多湿環境の中でのナノ金粒子の触媒効果が高くなります。

これにより変換効率も上がり、効果の持続時間も長くなります。

効果 試験結果:

以下の試験により、触媒効率に影響を与える2つの要素が確認されています。

1つは、ナノ金粒子の粒径(粒子の大きさ)である。ナノ金粒子の直径は触媒に重要な要素であります。

ナノ化することにより、一酸化炭素(CO)を二酸化炭素に変換する効果があります。


環境:

3nmのナノ金粒子が最大の触媒活性を示すとされています。材料も重要であり、2つ目は、二酸化炭素チタンや酸化亜鉛のような金属酸化物は、そこでの反応においてより効果的であります。

ナノ金粒子をコーティングをすることにより、ろ過し安全性を維持することができます。

参照


1.ナノ金粒子触媒による一酸化炭素酸化メソポーラスシリカ中に結合したナノ金粒子触媒上での一酸化炭素の酸化

アップリード カタルシス ジャーナル2005,284,199-206

2.担持されたナノ金粒子上での一酸化炭素の酸化触媒作用

チャオ・ヘンセン,トーマスC・K,ヤン・シンエン・ウ,ス・チェンチャン:J・ハザードマーター,2009,166,686-694

3.チタン担持ナノ金粒子上での一酸化炭素の電極触媒酸化に対する活性増強

ブライアン E ヘイデン。デレク・プレッチャー,ジェンピーターサチェランド:アンゲ・ケミーインターナショナルエディション 2007,46,3530-3532