マスクとメイクアップ


風邪でも花粉でも光化学スモッグ、火山灰でもなく、現代の疫病、


新型コロナウィルスでいまやマスクは必須アイテム、

命を守る常備品として欠かせないものとなり、早1年経とうとしています。

もう随分長く人々の鼻と口、目から下の表情を見ていません。

声もマスク越しのフィルターの掛かった声ばかり聞いて、

電話以外はこれが日常となりました。マスクの日常化、

習慣化が当たり前となった現在の状況になり、

今回焦点をマスク姿とお化粧の方法に当てたいと思います。

肌荒れが気になったり、マスクをしてない時と違ってお化粧も変わってきます。

マスク時のお化粧は目元が暗く黒く見えがちであるため、

薄く明るく塗ったりと変化をさせる必要があります。

マスクをしていると湿気などが強くなる部分が出てきてお化粧が崩れやすくなります。

ベースになるメークはしっかり塗って、肌をトーンアップさせると明るく華やかなイメージの印象になります。

油分の少ないファンデーションが最適で、首舌も暗く見えがちなのでそのあたりまでまんべんなく

薄く広範囲に塗ってトーンアップさせましょう。マスクに化粧が付着すると落とすことも容易ではなく、

替えのマスクがない場合など大変に困ってしまいます。マスクでおおわれる部分は、

最小限にとどめ、リップなども少しのメイクでよいでしょう。

目元の中心の鼻の付け根の部分はハイライターで明るくします。

ここもマスクをしていると暗く沈んで見えますので明るめにして、

健康的な印象を与えます。眉毛はブラウン系統のパウダーで作ります。

マスクと相性のいいメイクアップ方法


きつくはっきりくっきりした仕上げにしてしまうとマスク着用フェイスと相性がよくありません。

眉毛は顔の印象を大きく決める部分なのでマスク着用メイクでは優しいふんわりとしたブラウン仕上げに

するとよいでしょう。そしてアイラインも、印象を強く与える部分です。

寒色系のアイシャドウで仕上げてしまうとこれもマスクとの相性があまりよくないので、

暖色系のアイシャドウを選択しましょう。アイラインもマスカラも暖色系、

特にブラウンがおすすめです。

パールラメでキラキラさせると目元の印象はぐっと華やかに褐色よくなるでしょう。

ほほ部分はピンク系の明るいものでうっすらと

特にマスクからはみ出るうえ目の部分に広めに塗ります。

チークは練タイプのものを使用し密着させてよりを軽減させます。

こうする事でほんのりとした仕上がりとなります。

マスクメイクは肌に薄くしっかりのせることが大切ですので、

保湿などスキンケアをしたら30分間隔を置いてからメイクすることがポイントです。

油分がまだ肌に残っていたらティッシュなどで抑えを入れてからメイクするのが良いでしょう。

崩れがとても気になるTゾーンをワントーン明るく仕上げ、ミスト吹きかけ落ちにくさを増す仕上げも大切です。

崩れにくいファンデーション

普段お化粧を毎日することからお金も時間もとても掛かります。

いつもマスクをしている状態なのでノーメイクの方も増えてきています。これもこれで素晴らしいですね。

パウダーファンデショーンのみなどで済ませるのも良いと思います。

クッションファンデーションはとても油分が多いので特にマスク時はお化粧が崩れやすくなるので、

下地からパウダーにしてミストで仕上げると崩れにくくなります。

お化粧直しもマスクをつけてる時とは違いちょっとした技術と知恵が必要になってきます。

ファンデーションが剝げてきてしまったり、

蒸れてよれてしまったところはメイクし直しても汚れたようになってしまいます。

よれてはがれてしまったところは一度メイクをシートなどで落としてから

クッションファンデーションとパウダーで直していきます。

ざわちんがマスクの時も輝くメイクと称してメイクアップ術の記事がありました。

先程優しい仕上げと眉毛に対して綴りましたが、

目元のナチュラルなキュートメイクアップ


これもTPOで堀の深い顔、はっきりした顔のつくりの場合は目元をはっきりさせるのが良いみたいです。

マスクの存在感に顔の印象が負けてしまったり黒系のマスク時やベージュ系のマスク時やピンク系を

着用するのでも変わってきます。涙袋ポイントと眉毛はブラウン系で統一した仕上げにするとクールな印象になるようです。

鼻と目の間の三角地帯にはノーズシャドウを入れ立体的にするとクールな印象になるそうです。

共通点はメイクを濃くしすぎないこと。マスクの存在感に負けないよう濃くしてしまいがちですが、

重要なのは立体感。目の上と下をブラウンで仕上げることにより立体感が出てマスクの存在感にも負けません。

マスクを外した時にもバランスが取れ違和感もありません。

優しく機嫌のよい感じの印象を与えるためにはリキッドのアイライナーで

つりあげず、たれ目に近い作りにして涙袋を作れば明るい印象の仕上がりになります。

アイラインはまつ毛の際に沿ってうめるように入れ、

最後にぼかすと自然な仕上がりになります。最後の目じりのぼかすところはくっきり入れてもよく、

おすすめカラーはグリーン、ブルー、ボルドーがとても美しく発色し映えます。

さらに表情豊かにするために、まつ毛も印象を少しいつもと変えたほうが良いでしょう。

ここでも黒は使わず、モーヴ系や明るいブラウンでナチュラルな印象を付けます。

マスクをしても暗くならない立体感と清潔感あるメイクアップ


そしてこれはその人その人の好みとなりますが、

ラメ入りシャドウを入れて明るくします。キラキラしたラメの輝きでキュートない印象を高めます。

アイシャドーは密着性の高い粉飛びしないクリームタイプがおすすめです。

したまつげはマスクとの擦れが多いため、塗らないのがベターです。

ファンデーションの崩れに四苦八苦するよりも、

崩れたらノンオイルのクレンジングで落として塗り直すこれが実用的なようです。

マスクが日常化され化粧をしていた日常も大きく変化してきています。

マスクに着くのが嫌でファンデーションをしなくなった、

メイクが薄くなった、リップのメイクはしなくなった、

そもそもメイクをしなくなったなどとても多く声に上がっています。

ノーファンデーション派やアイメイクのみ派やノーメイク派色々おられます。

プロのメイクアップアーティストのマスクと化粧を見てみるとそれぞれアプローチが違く

面白いです。目しか見えないということで、

目を強調させるくすませない、ぼやかさないキャットアイやスモーキーアイなど

目の主張を強調する提案が多く見られました。チークやリップを見せれないため、

赤みを差し込みたい思いから目元を赤くするインパクトとニューエイジキュートな斬新感の強いものもありました。

雨の日だって素敵な赤の長靴に花柄の傘で楽しい気分でいたいです。

マスクをしても明るいメイクで楽しい気分で過ごしたいものです。

以上勉強不足ではありますが、

少しでも皆様のお役に立てるようマスクとメイクアップについて綴らせていただきました。

少しでもご参考になればとの思いです。