今回は、ガンマ線滅菌についてお話しさせて頂きたいと思います。

ガンマ線?滅菌?なんだろうそれ?あまり聞きなれない言葉ですよね。

ついに低価格でエリヤ株式会社が、ガンマ線滅菌マスクを提供できるようになったので、

ガンマ線滅菌とは何なのかをご紹介したいと思います。

滅菌方法


私たちの日常生活の中でも、菌って言われても目に見えなくてわからないものですよね。

菌は感じることが難しいものなので、

効果に関しても疑問を持つ声が多く寄せられています。

巷に溢れている商品に菌を抑制したり、殺したり、拭き取ったりと様々な菌に対するものがあります。

滅菌や殺菌または消毒、除菌や抗菌と菌をなくしたり少なくしたりするために、様々な方法があり言葉、種類もそれぞれ違います。

例えば、UV,ガンマ線、アルコール、ナノ粒子、熱処理そのほかいろいろあります。

その中のUV線殺菌法があります。UVとはご存じの通りあの有名な紫外線UVです。

英語ではultravioletといいます。UV線は表面を滅菌する事に優れていて、水の浄化、ろ過にもよく使われます。

滅菌、殺菌に使われるUVはUVCといいます。滅菌室に入るとき、

従業員はUVを使った滅菌ライトの前を通らないとその中には入れません。

UVCライトというものは手に入りやすく、一番商品として売れています。

昔は水銀ランプで照射して細菌をDNAから破壊して細菌を死滅させ減菌、殺菌したいましたが、

ここ最近はLEDの発達でLEDによるUVC紫外線照射でより優れていて、使いやすい商品が売れています。

これでほぼ表面上の細菌は紫外線の効果によって殺菌、減菌ができるということですね。UVすごい。

ガンマ線滅菌の効果

そしてガンマ線滅菌です。

滅菌というのは最上級の菌をなくす状態の言葉で、ほぼほぼ製品や商品、

容器や器具など細菌がいない状態100%の状態まですることをいいます。

ガンマ線で滅菌すると何がすごいかって思いますよね?

UVCでは表面は殺菌できますが中までとはいかないんです。

それがガンマ線で滅菌を行うと中まで細菌存在が、ゼロの状態まで殺菌できます。

ガンマ線滅菌は中まで殺菌するため強力で、その為匂いが少し残り、色も少し変わります。

でも、普段使ってる滅菌、殺菌商品とかって、これほんとに効いてるのかな?気休めなんじゃないの?

なんか実感全然できないんだけど….、みたいな気持ちになりますよね。

だって目に見えないし匂いもないしキョトンとしちゃいます。

だからこそ、ガンマ線で完全滅菌されたものに匂いを感じたり、色が少し変わっていたりすると、

お、なんか効いてる感じするぞって思いやすいです。

うん匂ってる効いてる効いてるってね(笑)

ナフタリンとかもそうですよね。あの強烈な匂いを嗅ぐとこれは効くぞって思いますもん。

実際ほんとに強力に滅菌されています。これをパッケージングしてガンマ線滅菌済み商品として流通していくわけなんですね。

これは欲しくなります。だって完全除菌、滅菌されてるなんて。

しかしです。これを開封してパッケージから出した後はどうでしょうか。

中まで完全殺菌されてはいますが、抗菌効果があるわけでは無いのです。

開けて出さなければ当たり前なんですけどずっと滅菌されたままです。

病院で使われている注射針などはほとんどガンマ線滅菌で処理した後のものが、使われています。

その他にも、医療器具の半分以上はガンマ線滅菌されたものが、使用されています。

これを聞くと、いかにすごいものなのか分かってきますよね。

知らないだけで、こんなにも浸透していて、私たちの生活に重要なものだったんですね。うん、ほんと知らなかったですね。

ナノ粒子プラスガンマ線滅菌

ガンマ線滅菌の重要性とすごさは納得です。

しかしパッケージから開けて出した後、菌がついたり、繫殖したりすることが阻止できません。

そこでエリヤが工場を新しく構え、新商品として展開している抗菌性能、

抗菌パワーの優れたアトラクトと一緒に使うとすごいんです。

銀イオンを発生させる元となるナノシルバーと、それを更に効果を上げパワーアップさせるナノゴールド、

これを定着させたマスク、その他にも、不織布からできる様々な消耗品。

これらを更に初めから無菌にして、開封後も抗菌し続けるガンマ線滅菌パッケージングとナノシルバープラスナノゴールド、

この組み合わせは他社の追従をものともしない最強の組み合わせなのです。

ナノゴールドと合わせたナノシルバーの抗菌威力はデータにも出ている通り、

自社テストでも4倍の菌を培養して実験しても平均値、99.9%の抗菌効率を実証しています。

菌対策を必要とする環境には、欠かせない商品となることは間違いないでしょう。

最後


性能も品質も高いのに、ここまですると通常であれば値段が高騰してしまいます。

しかしながら、エリヤはガンマ線滅菌もして、

更にダブル抗菌加工もして徹底した菌対策を行った商品を、低価格で商品化できました。

開封するまで、梱包材から開封するまでは完璧な無菌状態の商品、又は製品ですが開けてしまえば、菌を防ぐものはなにもありません。

長い時間の抗菌時間と、抗菌効率の高いNANOAuとNANOAgを合わせた高水準な商品を、

ガンマ線滅菌してパッケージングする事で医療業界、食品業界、製薬業界、化学業界、精密作業工程のある半導体業界、

他抗菌に重きを置いている施設、空間、作業場には欠かせないものとなるはずです。

研究室、実験室、大学実験研究施設などに対応できて、一般の生活の中でも菌、ウィルス、人体に病気を引き起こす病原菌、

新型やあらゆる変化をしていく現代社会の中におけるウィルス、

これらに効果の高い優れた方法としてこのガンマ線滅菌とNANO金銀の高抗菌マスクは重要な役割を示すでしょう。

ガンマ線滅菌の施設が日本で初めてできたのは、1969年の事です。

この時代には珍しいもので、特別なものでした。もちろん高騰なものでもありました。

ここから研究、実験がなされて進化し、安値でもできるようになり、

行く先には認可さえ下りれば自宅でガンマ線滅菌する時代も来るかもしれません。

しかしそれでも、50年経った今でも、業界内でもやはり、特別な施設で特殊な工程を行うものなので、

高コストは避けられないのが、現状でした。できるだけ多くのニーズ、お客様の要望にお応えしたいという信念をもとに、

エリヤでは低コスト実現に最善の努力をして参りました。