市場に流通しているマスクには抗菌機能のものが増えてきています。

そこに表記してある抗菌方法で、Agイオンというのがあります。マスクだけではなく、拭き取りシートや雑巾など様々な掃除道具も抗菌素材に使われています。

Agとは何でしょうか?Agは銀の元素記号です。つまり、銀の粒子で菌を防ぐわけです。

ナノシルバーの抗菌について:

細菌から発生した病気は.私たちの健康を害していきます。いくら薬の開発が進化しても、細菌の突然変異のスピードには、なかなか追い付かないのが現状です。

更に、細菌の突然変異によって、薬の抗生物質に抵抗し耐性をつけ始めます。つまり、ナノシルバーの抗菌テックを開発したことには、細菌を体に侵入する前に細菌をブロックし、抗菌機能も優れています。そして、大量生産も可能です。

抗菌の効果:

ナノシルバーの抗菌効果について。ナノ銀の生産方法は様々あります。抗菌効果は粒径や形やコーティング剤などの比率とデザインによって効果が異なります。従って抗菌の機能がそれぞれ違います。

ナノシルバーは対抗できる細菌:

大腸菌、金色ブドウ菌、バウマ二、緑膿菌など

最小抗菌濃度は約2ppmです。

抗菌方法: 

ナノシルバーが酸素と反応し、銀イオンを発生します。銀イオンは細菌とぶつかったら、細胞膜を破って活性酸素を発生し、銀イオンと細胞膜の間の静電気の作用する力で、お互いに吸着します。

細胞DNAを破壊し、蛋白質が形成するのを抑えて、細胞が死滅に至り、抗菌の効果を発揮します。

細胞は活性を失い、銀イオンは吸着し続け、抗菌作用を持続します。しかし毒性と副作用がありません。

繊維製品との結合:

銀イオンあるいはナノシルバーは各種の素材をコーティングすることができ、たくさんの抗菌の商品が生み出しました。