秋になり、寒暖差が激しくなりインフルエンザが流行する時期になり、市場でのマスクの需要がさらに大きくなるため、ここで簡単にマスクの構造について皆さんに説明しましょう。

よいマスクは3層構造である

外層は、長繊維(防水効果)中層は、極化過の特殊不織布(極化が高ければ高いほどフィルタリングの性能が高い)内層は、短繊維(繊維が比較的柔らかい為、肌に触れた時に傷になりにくい)

現在三層式フリーツ型の構造は市場に比較的多く出回っており、大多数がΩの形状である。Ωの形状のメリットは口部分がマスクの内生地に触れない為呼吸しやすい。

マスクの予防について

インフルエンザ菌の大きさは約 0.1μⅿ、そのためマスクを選ぶ際はPVF或はVFEのフィルターテスト 95% 以上カットのマスクを選ぶことで予防できる、この 2 種のマスクは 0.1μm の粒子と0.1-0.5μm のウィルスを使ってテストを行っている。

不織布マスク本体の空洞について

不織布マスク本体にも空洞があるが、マスクのなかで一番大事なのがフィルタリング機能であり中間層に存在する。それ材質は極細な繊維の混ざり織りによって成り立つ。その為どんなに空洞でも 0.1μm 以下となる。また極化の効果も加わり、本体の正負極の静電気がウィルス菌を吸収する。わたしたちが吐き出す息のは直線流動ではないため中間層で菌やウィルスは吸収される。私たちの吐き出す息がマスクの中で流動することにより、空気孔から出入りする。この流動の過程でフィルター層が粒子、ウィルスなどをキャッチする。

そのため、マスクに空気孔があるからウィルスを防げないという考え方は間違っています。静電気の原理でウィルスを吸収しているので、空気孔はマスクの機能を下げる事はないです。

インフルエンザ

インフルエンザは菌による急性呼吸器官感染疾患である。3 種類に分けることができ A 型(H1N1)B 型 C 型があり 主流は A 型 B 型である。

インフルエンザと風邪の見分け方:

一般的な風邪は主な症状に咳鼻水、稀に発熱がみられる。一週間休めば大体が治るインフルエンザも見ている 区別はウィルスの検査の有無である。

医師は臨場表現で判断する、風邪でみられるような咳、鼻水、発熱以外に最も大きく違うのが全身発熱や体の痛みや怠さが表れる。

インフルエンザの感染経路及び潜伏期間

主な感染経路は、咳・くしゃみなどの唾液からの感染や汚染物の上にある粘液・間接的な接触などである。潜伏期間は(感染から発病まで)約 1~4 日、インフルエンザに感染した場合、発症 1 日前及び発症後 3~7 日以内は他人を感染させてしまう恐れがある。幼児の感染期間はさらに長いとされる。

インフルエンザを予防する為には予防接種だけ?!

換気を行い空気の流動を促す、こまめな手洗いうがい、感染者との接触を減らす。個人の食事や栄養管理、規則正しい生活を送ることで自己の免疫力を上げ、感染を減らすことができます。

正しいマスクを選択する

先ほど話したフィルタリング(VFE、PFE)認定のマスク以外に、最近ナノ銅ナノ銀のマスクが出回っているそれらの防護効果も高い。さらにウィルスの繁殖を抑える、また医療用のマスクと防塵マスクもきちんと表示されているものであれば使用できる。