花粉の季節っていつ?

花粉症は一年中、どんな季節でも発病するものです。しかし一般的に症状の多くは春に現れます。花粉症はいわば、花粉アレルギーともいえます。そして、春は花粉が一番多く飛ぶ季節です。その為多くのイメージは春に集中しています。しかし、実際は夏から秋の間の花粉が一番危険とされています。

夏の花粉は禾本科の植物からです。例:カモガヤ・黄花茅・キク科植物などがあります。もちろん一年中の昆虫や菌からのアレルギー源もある。

私は外国人なのでどこから流れてきた噂かははっきりわからないのですが、日本に3年間滞在して花粉症にならなければ、もう花粉症になる事はないときいたことがあります。現に私は日本に8年間いますが、花粉症になった事はありません。


参考資料: 環境省https://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/manual/2_chpt2.pdf

花粉症の症状

  1. くしゃみ
  2. 鼻水
  3. 鼻づまり
  4. 目のかゆみ
  5. 充血

人によって体質が異なるため症状は様々である。肌がかゆくなる人や下痢を起こす人もいる。また花粉症の症状は風邪の症状とも似ている為、風邪薬を服用してしまい治らない場合がある。その為きちんと医療機関で診察をしてもらうようにしましょう。

花粉の粒の大きさ

  • 1μm(political matter)= 1mm の 1/1000
  • スギ花粉約 20μm~35μm

スギ花粉は主に2月~4月に多く、一般的な花粉症の原因でもある。

  • カモガヤ花粉約 30μm~35μm

夏季の花粉、おもに5月~8月

  • オオアワガエリ約 30μm~50μm

夏季の植物で、茂みや川辺に多くみられる花粉

  • ヨモギ花粉約 25μm~28μm

主に秋季で、秋を代表する花粉である

花粉予防のマスク

花粉の顆粒は大半が 20μm 以上であり、マスクを選ぶ際 BFE 検査を行い

99% フィルター効果のあるものは、予防の効果がある。

BFE フィルターの防護範囲は 3μm 以上のはフィルタリングされる。

もちろん、市場にもたくさんの花粉症のマスクがる、しかし一番有効的なのは正しくマスクを着用することでマスクと顔の隙間を減らすことです。

  • 大きさに会ったサイズを選ぶ
  • 確実にカバーする(鼻・両頬・顎)
  • 繰り返し使用しない

*有効的な防菌/花粉/ウィルス対策!マスクの使用についてもっと知っておかないと!

まとめ

体質は人それぞれなので、そのため花粉症の対策上に変化があります。(私の場合は一度も花粉症になったことはありません)有効的な予防が一番大事です。無駄なお金を使う必要が無くなります。市場の不織布マスクは価格も安く、予防の機能性に長けているのでコストパフォーマンス良い商品です。