真夏にマスクをつけるとなるとどうしても蒸れてしまう場合がある。

特に、屋外で動いていると熱いし蒸れる為 多くの人はマスクをつけたがらないのではないでしょうか。

夏場に風邪でもひいて、マスクをつけるとなったら苦痛でしかありません。

夏の病気

1. 手足口病

感染経路:

手足口病は主に患者の鼻及び喉からくる分泌物、唾液、破れた水疱や糞便または、汚染されたもの触ることから感染する。感染した最初の週に発病し、ウィルスは糞便の中で数週間生存する事ができる。


2. ヘルパンギーナ

感染経路:

主にコクサッキー A 群ウイルス(Coxsackie virus GroupA)を原因とします。

ヘルパンギーナにかかった人の咳やくしゃみ、つばなどのしぶきに含まれるウイルスによって感染します(飛まつ感染)。また、水疱の内容物や便に排出されたウイルスが手などを介し、口や眼などの粘膜に入って感染します(経口・接触感染)。


3. 咽頭結膜熱(プール熱)

感染経路:

多くは鼻汁やしぶきの飛沫感染ですが、プールなどでの結膜からの感染や便を介しての経口感染も考えられます。また目やにから接触感染も起こすので、注意が必要です。治った後も、ウイルスは咽頭からは発症後 7 日間から 14 日間、便から 30 日間ぐらい排出し続けます。咽頭結膜熱は感染力が非常に強いので、慎重に対処してください。

通気性の良いマスクのメリット

通気性が良いため、長時間使用する人からしたら比較的快適であり、呼吸しづらい事がない。

メガネをかける方であれば、マスクで曇る事があるとおもうが、原因の大半が通気性が悪いからである。呼吸時に鼻筋にある小さな隙間から息が漏れ、曇るのである。一方通気性の良いマスクは、例え鼻筋に隙間があっても息が漏れづらい。

あくまでも「曇りづらい」であり、曇り予防ではない。

夏の暑い日差しの中では、薄めのマスクが一番適している。

薄いから通気性が良いとは限らない

マスクのフィルタリング効果があるのは中間にある層です。両頬や鼻筋なんど肌と接着している箇所に隙間があっても変わりません。その為、分厚いマスクの方がフィルタリング効果が高いとは限りません。暑い不織布を使っていても中間のフィルタリング層が効果を発揮しなければ意味がありません。つまり中間のフィルタリング層がマスクの価値を決めます。その為市場では、同じように 50 枚入りでも値段が大きく違うものがあります200円〜500円の値段の差は、フィルタリング層の効果の良し悪しの差でもあります。値段が高ければそれなりに値段も上がります。


マスクは、微粒子などの我々の目には見えないものをブロックしてくれているものなので、中間フィルタリング層が良いか、悪いかは私たちの体ではすぐにはわかりません。その為、商品の上にはフィルタリング性で自分の商品の効果をアピールしています。安いマスクの場合は全くそのような記載はされません。そこ為マスクを買う際は、きちんとパッケージに書いてある内容に目を通すようにしましょう。

当社の使い捨てマスク


当社の使い捨てマスクは全て台湾産で、ISO9001 の認証があり、良好な品質管理・品質保証·コストを抑えでいる為、コストパフォーマンスがバッチリです。

商品名:つけごこち、軽〜いマスク

99% カットフィルター採用

*PFE実験用 0.1μm の粒子実験結果、平均値 99%

特徴:通気性の良さ、フィルタリング効果に高さ、長時間の使用に適している。