活性炭マスクは一般的なマスクより多く活性炭が含まれています。活性炭が多く含まれる事でどのような違いが生じるのでしょうか?活性炭マスクの構造について理解していきましょう!

活性炭マスクの構造

見た目の特徴は灰色か黒ですが、色のあるマスクでも必ず活性炭が使われているとは限らないので、商標に『活性炭入り』と記載されているかに注目してみましょう。

活性炭マスクは 4 層構造になっており、第 1 層と第 4 層は不織布で、第 2 層は活性炭を付着させたフィルター層として、第 3 層はさらにフィルター層です。活性炭マスクと一般のマスクの違いは、活性炭のフィルター層があり、大多数の活性炭層はフィルター層の前におかれています。活性炭の体内への侵入を防ぎ、その他の細菌やウィルスの侵入を防ぎます。

活性炭のフィルター層は 2 種類の製造方法があります。市場に出回っている活性炭の多くがフィルター層の外側に活性炭を付ける手法を使っています。もう一つは活性炭を繊維に織り込み、直接活性炭のフィルター層を作る手法です。この方法は、活性炭が体内に入ってくる心配がないため活性炭層の後ろにフィルター層を付ける必要がありません。しかし、値段は大幅に上がります。

活性炭に関して

活性炭は本来マスク以外にも活用されています。活性炭は液体をろ過し、特に医療現場で使用されることが多くあります。専門用語では、薬用炭と言い下痢や、ガスだまり・食中毒に使用されます。活性炭は吸収作用があるため、さまざまな場所で用いられています。

活性炭は微結晶構造で維京所系列の形式は不規則です。晶体の中に微空洞があり。大きさは半径 20Å より小さい(*注:1Å = 10~10m)過度孔(半径 20~1000)、大孔(1000~100000)その為、内表面が広く活性炭の吸収の良さを表しています。廃水や空気中の金属粒子、有害気体さらには有機汚染物、色素の吸収に適しています。

活性炭は主に炭量の比較的高い物質から成る。例えば木材・煤・ナッツの殻・骨・石油粕など。ココナッツの殻は良く活性炭の製造に用いられる。ココナッツには多くの微空洞があり、また強度も高く空気や液体の吸収に優れている。


画像元:東京都水道局https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/topic/14.html

上の図は顕微鏡で見た活性炭で、見てわかる様に活性炭は空洞の多い炭素です。活性炭は有機気体の分子を空洞のなかに吸収できるため気体を防ぐ作用があります。

活性炭は再利用が効き、加熱利用ができる。使用した炭を乾かした後に 850 度前後の温度で再生炉で加熱するのである。活性炭は再利用される度に 5~10% 消費され、吸収容量は徐々に減少する。

活性炭マスクの必要性

塗装を終えたばかりの家具などは、活性炭マスクを利用し空気中の有害物質をフィルタリングできる。

外出時車の排出ガスもフィルタリングできる。

香料やプラスチックを扱い有害物質の工場の従業員

呼吸器系に疾患のある方など活性炭マスクは保護能力を上げ、疾患患者の回復に役立ちます。

活性炭マスクの特徴

防毒・防臭・減菌・防塵などの効果

特に有機気体・酸性発揮物・SO2・CI2 などの刺激の強い気体の場合、防菌・防臭に特に効果的である。

気体に含まれるリンなどの有害物質や異臭悪臭といった、人体に大きく影響を与えるものを、一般なマスクより有効的にマスク内に吸収しブロックする。

まとめ

活性炭のマスクは一般のマスクより多くの効能を兼ね備えている、しかし価格は比較的高い。一方で予防機能では一般のマスクをはるかに上回る。その為、我々の使用にもてきしている。